舞台

「白と黒の忘年会~納めて初めて仕事編~」

 

◆会場◆

新宿村LIVE

 

◆作・演出◆

フルタジュン(劇団フルタ丸)

 

◆出演者◆

飯野雅(AKB48)

 

大和田南那・横島亜衿・平口みゆき(PALET)

 

市川咲

縣みりあ

三輪晴香

藤原亜紀乃

一岡杏奈

矢新愛梨

西葉瑞希

桜葉美雅

杉原枝利香

江口千夏

松井南波

実方愛

二井カオリ

葵 叶望

新平真里亜

秋本小麦

東口優希

 

岡田彩花

 

 

◆公演日程◆

12月7日(木) 19:30~
12月8日(金) 14:00~
12月8日(金) 19:30~
12月9日(土) 14:00~
12月9日(土) 18:00~
12月10日(日) 12:00~
12月10日(日) 16:00~

※演出の都合上、開演をしてから数分間は客席へのご案内が出来ない場合がございます。予めご了承くださいませ。

※定刻を過ぎた場合は券面のお座席にご案内が出来ない場合がございます。予めご了承くださいませ。

 

 

◆チケット料金(全席指定・税込)◆

S席:8,000円

A席:5,800円

♪S席特典♪

特典限定コメントDVD付き!(一部キャストのみ)

※当日券は500円増し。

※当日券は残席があった場合のみの販売となります

 

◆チケット取扱い◆

<TUFF STUFFオンラインチケット>

http://www.tuffweb.jp/

ページ右上の「チケット購入」よりお進みくださいませ。

ご購入には会員登録(無料)が必要となります。

お願い:ご購入の際には「応援するキャスト」の選択欄よりご購入をお願い致します。

 

◆あらすじ◆

働くって何だろう。。

 

光希は、4月に入ったばかりの美容系会社に見切りを付けようとしていた。

専門学生の頃は、その華やかな雰囲気に酔いしれ、そこで働ける自分に憧れた。

しかし、職場の実態は女同士の争いと残業の毎日。完全なブラック体質だった。

疲弊していく毎日の中、鏡に映る自分の顔を見て「……辞めよう」と呟いていた。

辞表は書いた。後はタイミングを見計らって社長に渡すだけ。

後腐れなく辞めたい気持ちもあり、区切りとなる忘年会で渡そうと決めていた。

 

辞める意思を固める中、もちろん、次の仕事も探していた。

今度は見栄にはこだわらない。大事なのは定時で帰り自分の時間が持てること、自分らしく働ける環境だった。

 

料理好きな光希が興味を持ったのは、ある街の弁当屋。

そこは食材にこだわり、OLが通う人気弁当屋として注目され始めていた。勤務時間も明瞭で、一切の残業がないホワイト体質。

光希は、こっそりと面接を受けて採用が決まった。

トントン拍子で話が進み、社長の好意で従業員への顔見せとして忘年会に参加することになった。

 

2017年がもうすぐ終わる。

「終わりよければ全て良し」

光希は、その言葉が嘘であることを知っている。

 

2つの忘年会の同日開催を知らされたからだ。

 

「辞める美容系会社の忘年会」そして「採用が決まった弁当屋の忘年会」。

同じ日時、しかも、同じお店。場所はダイニング居酒屋ブルーミント。

嗚呼、またしてもダブルブッキング。

 

年末に送る白黒シリーズの第二弾は、働く全ての人に捧げるワーキングコメディー。

 

◆問い合わせ◆

ジャパンアワードプロモーション
info.dpisr@gmail.com